友人がレーシック1を受けました

私の友人は、学生時代からバレーボールをしています。現在も社会人チームに所属して、休日にバレーボールを楽しんでいるようです。バレーボールをしていて特に悩みはないそうですが、ただ一つ、視力が悪いのが悩みだと話していました。今まではコンタクトレンズで視力矯正してプレーしていたようですが、先日思い切ってレーシック1を受けたと教えてくれました。しっかり検査を行い、きちんと説明を受けて、メリットやデメリットを確認したうえで手術を受けたんだそうです。実際にレーシック1を受けた後は、信じられないくらいよく見えるようになり、視力の大切さを実感しているそうです。もちろん、コンタクトレンズを使うこともなくなり、今まで以上にバレーボールを楽しめるようになったと喜んでいました。実は私も子どもの頃から視力が悪いのが悩みです。友人の話を聞いて、私も機会があれば手術を受けてみたいと思うようになりました。

友人がレーシック1を受けました

レーシックの関しての感じることです。

自分も視力があまりよくないのでメガネで視力を矯正しています。裸眼での生活はいいなぁと感じます。できることなら裸眼での生活に戻りたいと思います。レーシックをするとなるとお金がかかるように感じますが、実は安くつくのではないかと思います。その理由は、メガネやコンタクトをしているとしたらこれから先にどれくらいのお金をメガネやコンタクトで使うのだろうと考え宇土かなりの金額を使うことになってしまいます。それだけのお金があれば手術ができるのではないかと思います。実はメガネやコンタクトも結構お金がかかっているんだと感じました。ですので若いうちに手術をしたほうが経済的にもやさしいのではないかと思います。聞いた話なのですがレーシックは手術になるので生命保険の種類によっては手術ということになるのでお金が支払われるそうです。ですので一応申請してみるといいと思います。

レーシックの手術が受けられない場合

あることをすると、劇的に生活がしやすくなると聞きました。お金は少々かかるようですが、それだけの価値はあるとされています。実際に金額を聞いて、なんとかボーナスを使えば利用できそうなことがわかりました。でもそれだけかかるのですから、不安もあります。本当に大丈夫だろうかです。また、すべての人が良くなるのかも気になりました。レーシックの手術を受けると、劇的に変わると受けた人から聞きました。レンズを通すのと比べ物にならないくらい良いとのことです。金額も納得して、クリニックに行ってみることにしました。まず行うのが検査になります。ここで問題がないとされれば受けることになります。多くの人は受けることができるようですが、場合によっては受けることができないことがあります。角膜の状態によるようです。薄い場合にはできないこともあります。クリニックによって判断は違います。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)